アップルの強さの下支え。

アップルについては、いろいろ評価されますが、
2015年現在まだまだトップを走っています。

iPodやiPhoneを発表して以来、アップルの名前は、一般にも知られるようになりましたが、その昔は、Mac(Machintosh)というマニアックなパソコンメーカーでした。
シェアでは、圧倒的にWindowsに負けていましたし、今でもまだまだ圧倒的な差があります。

しかし、パソコンだけに限っても実はアップルの強さがあります。
それは、昔からハードとソフトを両方作っていると言うことです。

Windowsのパソコンは、ハードとソフトの会社が別です。
ということは、どこまでいっても利害関係にあるということです。
パソコンメーカーがいくら工夫を凝らしても中身はマイクロソフト。
両者とも自分が不利になるようなことは許しません。

また、Macは、途中からOSがUNIXベースになり、プロセッサがインテルになり、
今やMacは、UNIXとMax OSとWindowsの3つのOSがネイティブで動く唯一のパソコンでもあります。以前に東京大学のコンピュータシステムがすべてMacに置き換えられて業界で話題になりましたが、その大きな理由にその点があげられていました。

研究室で使うパソコンはUNIX。学内ネットワークは、みんなが使えるWindowsが必要で、今までは複数のパソコンが必要だったのが、Macなら1台で2役できる。それと、学内ネットワークのパソコンをMacに換えてから、学生課で学生からのパソコンの使い方の質問が激減したということも書いてありました。

インターフェースの使いやすさは昔からアップルの一番の強みです。iPhone、iPad人気の大きな部分も使いやすさが貢献していると思います。
使いやすさの下支えは、プランのアイデアやセンスももちろんですが、ハードとソフトの両面を作っているメリットは大きいはずです。

iPhoneにしてもハードとソフトの両方を作っており、かたやAndroidはWindowsと同じ状況です。

とかくアップルの強みと言えば、iTunesやストアというインフラを持ったということが言われますが、ハードとソフトの両面とつくっているという強みは、WindowsやAndoroid陣営がどうしても越えられない、アップルならではの強みとして、これからも下支えになるのではないでしょうか。