ついで買い。

人間は損をするのが嫌いです。
得をしないことより、損をすることを嫌います。

何かひとつのモノが必要で、
ちょっと離れたスーパーやコンビニに行くときには、
せっかく行くのだからついでに買ってくるものはないかと
買うべきモノを探します。

わざわざ足を運ぶのに
たったひとつの、しかもそれが安価であればあるほど
それだけのために行くのはとても損をした気分になってしまいます。

そして、さほど必要ではないものを
ついでだからと買ってしまいます。
そうやってムダなモノが増えていくのですが、
ついでにと、合理的に考えるあまり、
ムダなモノを買うという不合理が生まれます。

ドンキホーテなどでは、何か掘り出し物があるかも知れない
という期待感を持って宝探しをします。
そして、さほどのお宝が見つからない場合、
まあ、せっかく来たのだからと、これまた
差し迫った需要もないような電池などを買ってしまいます。

このついでだからという合理性にもとづく心理は、
大きな消費を生みます。
「ついで買い」と呼ばれる消費です。

ついでに買ってくれそうなモノを並べているだけで
ついで買いは生まれます。