お客さんは囲い込まれたくない。

囲い込みということをよく言われます。
ポイントカードで囲い込む、会員制度で囲い込む・・・

しかし、お客さんは、不用意に囲い込まれたくありませんし、
こちらが囲い込んだと思っていても、囲われたとは思っていません。

本当の意味の囲い込みはファン化であって、
システムでムリに縛ることではありません。

システム(あるいは仕組み)で囲い込むと
お客さんは、囲い込まれて「仕方なく」買い物をします。
例えば、今欲しいモノがそこのB店があるけど
ポイントがたまっているから、ちょっと遠いけどA店で買おうと思ったり。

A店にすればしてやったり、思い通りです。
しかし、お客さんは「本当はB店が便利だったのに、
ポイントがたまっているからA店までいって手間がかかった」と無意識に思っています。
同時に「ポイントさえたまっていなければ、素直にB店で買ったのに」とも思います。
これが回数を重ねてくると息苦しくなってきます(無意識にです)。
A店が魅力的なお店で、ポイント関係なく出向くのが楽しい存在なら良いですが、
概ねポイントだけの話なら、お客さんは、知らない間にA店へ嫌気を持つようになります。

何かのきっかけでポイントから解放されたら、
もうA店へはほとんど行かなくなるでしょう。

仕組みによる囲い込みには、こういうマイナス面もあるとおもいます。
「囲い込み」のシステムは、あくまでお客様「サービス」として、
「囲い込み」ではなく「お礼」や「便宜をはかる」というコンセプトで行われるべきです。

大事なのは、魅力作りによるファン化、精神的な「囲い込み」です。
お客さんが自らお店に帰属してくれるような魅力があれば、
システムなどなくても「囲い込み」ができるというのが道理です。